妊婦さんに葉酸サプリが必要な理由

皆さんは葉酸という栄養成分をご存知ですか?妊活中の人や妊婦さんにとっては馴染みのある成分だと思いますが、普段何気なく生活している人にとっては、余り聴きなれない栄養素かと思います。
葉酸サプリの成分と価格について

葉酸というのはビタミンB群の仲間です。妊婦さんのお腹の中に要り赤ちゃんの細胞を作り出すお手伝いをしたり、赤ちゃんに栄養を与える血液を精製する役目を持っています。

実は母子手帳にも葉酸を取り入れることに関る項目があるほど、妊娠中の女性にとっては必要不可欠な栄養成分です。もしも妊娠初期や妊娠中に、葉酸が足りなくなってしまうケースがあったとしましょう。

妊娠初期の妊婦さんに葉酸が足りていないケースでは、生まれてくる赤ちゃんに先天性の異常が現れてしまうリスクが高まります。神経管閉鎖障害を引き起こしてしまう確率が上がってしまうそうです。

神経管というのは、赤ちゃんの脳や脊髄、いわゆる中枢神経を形作っていく先にとても重要な細胞の集合体になり、妊娠初期に細胞分裂を繰り返し生成されます。

もしも葉酸が足りない場合は、流産や死産に関る無脳症…脳の造りが不完全な状態になってしまう可能性があるようです。そのため、妊娠前や妊娠初期から葉酸サプリを摂取することによって、神経管閉鎖障害予防を行っていく必要があります。

葉酸は神経管閉鎖障害を予防できるだけではありません。妊婦さんというのは普通に生活しているだけで貧血になりやすい状況です。そして葉酸が足りなくなってしまうとますます血液は生成され辛くなってしまうため、心血管系疾患や酷い貧血に繋がってしまう可能性は低くありません。

ところで、この葉酸、実は妊婦さんが赤ちゃんを出産した後にも必要されています。産婦人科の先生曰く、授乳をしていることによって葉酸は不足してしまうため、母乳を作る源となる血液をサポートするためにも、母乳の栄養価地をアップさせるためにも、葉酸はとても大切なのだそうです。妊活中の方、妊娠中の方、授乳中の方は、ぜひ葉酸サプリを上手に活用していきましょう。

葉酸によって赤ちゃんの先天的な障害を防ぎましょう

葉酸が不足していると、受精に適さない卵子が作られる潜在的な可能性が増加したり、いざ受精しても、細胞分裂が上手に行われず、流産や、染色体異常=ダウン症の赤ちゃんが生まれてしまうリスクを高めてしまうといわれています。

ご存じのとおり、ダウン症は遺伝子に異常がある先天的な病気で、独特の外見や、身体的障害、疾患を伴います。治療法も研究されていますが、確実なものは発見されていません。高齢出産はダウン症のリスクが高まるといわれていますが、葉酸が足りないと若い年齢での出産でもそのリスクが高まるのです。

ダウン症以外にも、先天的な障害のリスクが葉酸によって軽減できます。赤ちゃんの細胞は、妊娠(=受精)後すぐに作られ始めます。この段階で葉酸が不足していると、「二分脊椎」や「無脳症」といった重大な先天的異常のリスクが増大します。これらを「神経管閉鎖障害」といいます。

二分脊椎は下半身まひや体の変形など重大な先天的な障害ですし、無脳症に至っては、そもそも脳がないわけですので、生まれて生きていくことは不可能なものであります。

このような悲劇を招かないようにしなければならず、アメリカなどでは統計的に、葉酸の摂取を進めた結果、このような神経管閉鎖障害が減少したという研究報告があります。

妊娠は実際に判明するのは2~3か月後であるといわれていて、妊娠に気づいたときにはもうお腹の中で赤ちゃんの細胞分裂が行われている状態です。妊活中から葉酸が必要だというのは、「時すでに・・・」を回避し、常に妊娠OKの体を作るということでもあります。ご理解いただけたでしょうか。

加えて、妊活は女性だけのものではありません。男性も葉酸を多く摂取することにメリットはあります。具体的には、精子の染色体異常のリスクを減らして、健康な受精卵を作ることに役立ちます。

精子に染色体異常があると、やはり、受精の段階で赤ちゃんの先天的な障害のリスクが増加します。これは女性だけではなく男性側にも葉酸不足によるデメリットがあることを示しています。

双子がお腹にいる妊婦さんと葉酸サプリについて

妊活中の女性や妊婦さんであれば誰でも知っている葉酸ですが、一般的にはまだ葉酸の知名度は余り高くありません。

葉酸というのは妊娠のひと月前から妊娠三ヶ月頃にかけて、サプリメントによって体内に取り込むことによって、お腹の中の赤ちゃんの先天性異常の危険性を少なくし、早産や流産などのリスクから守る効果を持っている栄養素です。

世界中の研究結果を礎にした葉酸の重要性を重く見た厚生労働省は、2000年から母子手帳にも、葉酸摂取に対する重要性を記載しました。

葉酸という成分は非常に厄介で、加熱してしまうと溶けてなくなってしまったり、無事に体内に吸収してもほとんどが溶けて体外に排出されてしまいます。そのためにサプリメントでの摂取を勧められているというわけです。

一般的には妊娠初期の妊婦さんに必要な葉酸は、240μg(食生活)に加えて400μg(サプリメント)だといわれていますが、もしもママさんのお腹の中に双子が宿っていたら、葉酸の量はどう変化していくのでしょうか。

答えから先に書いてしまいますが、もしもお腹の中に双子ちゃんや三つ子ちゃんがいたとしても、葉酸の量を増やす必要はありません。逆に過剰摂取となり、副作用を引き起こす恐れもあります。水溶性ビタミンの一種である葉酸は、多く摂取しても尿として排出されますが、摂取しても安全と呼ばれているボーダーは、

1日1000μg以下です。もしも毎日過剰摂取を続けていってしまうと、赤ちゃんが喘息を持って生まれてしまう可能性があります。

一説には妊娠後期に葉酸サプリで葉酸を取り込む事が喘息のきっかけになる、なんていう話も耳にしますが、それは本当のことではありません。しっかりとした臨床実験での結果では、1日1000μg以上の葉酸摂取のリスクを表しています。

サプリメントを活用して葉酸摂取を勧めている期間は、赤ちゃんの体の組織のベースが安定するまでの妊娠3ヶ月頃までです。

その時期を過ぎれば、食生活から葉酸を吸収するだけでも構いませんし、不足分を葉酸サプリでフォローするという方法でも構いません。お腹に双子や三つ子がいる妊婦さんは、葉酸を過剰摂取しないよう気をつけてくださいね。

妊活中にもオススメな葉酸サプリ

昨今ではたくさんのサプリメントが市場に出回っています。サプリを活用する事で健やかな毎日をキープしたり、食生活だけでは不足しがちな栄養素をサポートする人は少なくありません。その中には妊婦さんや妊活中の女性が飲んでおきたいサプリメントがあります。葉酸サプリもそのひとつです。

葉酸サプリは妊婦さんにとって大切な栄養素を含有したサプリですが、妊活中の女性にとっても欠かせないサプリメントといえます。

妊婦さんが葉酸を摂取する理由は、お腹の中の赤ちゃんが二分脊椎症や無脳症になる事を避けるためや、妊婦さんの貧血などを予防するため、などがあります。

妊娠初期に神経管を生成する時期に、妊婦さんの体内にしっかり葉酸が行き渡す事で、赤ちゃんが二分脊椎症や無脳症を持って生まれるリスクを低下させる事が可能です。

葉酸サプリは妊婦さんだけではなく、妊活中の女性に対しても有効なサプリです。造血ビタミンとも呼ばれる葉酸は、血中の赤血球を増やしてくれたり、血流を活発にしてくれる効果を持っています。

他にも細胞の成長をフォローしてくれる働きを持つ葉酸は、子宮内膜を丈夫にし受精卵が着床するサポート役も担っています。それは妊活中の女性の体を妊娠しやすい環境に整えてくれるということにも繋がるのです。葉酸は妊婦さんにとっても妊活中の女性にとっても大切な栄養素だと言う事がわかりますよね。

そしてこの葉酸、実は男性にとっても必要な働きを持っている事が世界中の研究によって解明されつつあります。

例えばアメリカではカリフォルニア大学バークレー校にて、「葉酸を充分に取っている男性は精子の染色体異常が低い」というデータが取れていますし、カナダのマギル大学でのマウスを利用した研究結果としても、「葉酸が足りているオスマウスの子供は、奇形で生まれてくる赤ちゃんが少なかった」という事がわかっています。

上記を見ると、妊活中のパートナーであれば男性も女性も葉酸を飲む事がオススメであるという事がわかります。妊娠への第一歩として、妊活中のご夫婦はぜひ葉酸サプリを続けてみて下さいね。

このページの先頭へ